工務店のメリット・デメリット

理想のマイホームを建てるためには住宅会社の選択は重要になる

マイホームを持つということは、人生の中でも最も高額な買い物ということになる場合がほとんどですから、やはり失敗や後悔は避けたいと思うのが本音でしょう。たとえば、今は自分のこだわりを住まいに求める注文住宅というものが人気ですが、この注文住宅でマイホームを造るとき、いったいどのような住宅会社に依頼すればいいのかという問題があります。このときテレビのコマーシャルでも頻繁に宣伝しているような大手のハウスメーカーを選ぶ人も多いですが、比較的に規模の小さい地元の工務店でマイホームを建てる方もけっして少なくありません。それでは工務店で家を建てる際、そこにはいったいどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここが一番気になるところでしょう。

工務店に依頼するメリットとデメリットは何か

まず、工務店で家を建てる場合の最大のメリットは、自由度の高い注文住宅を建てることができるということが挙げられるでしょう。たとえば、大手ハウスメーカーの場合ですと、予め規格が決まっていますから自由に間取りや仕様を選べない場合があるからです。それから価格が安いというメリットもあります。大手は宣伝費や人件費などの莫大な経費がかかることから、それがそのまま住宅の販売価格にプラスされてしまうわけです。デメリットとして考えられることは、どうしても規模の小さな工務店だと不安に思われてしまうという点があります。また、大手のように展示場がないために、マイホームの完成イメージがつかめないということもあるようです。家の工期にしても、工務店では比較的に長引いてしまうというデメリットもあります。