ハウスメーカーのメリット・デメリット

ハウスメーカーを選ぶメリット

ハウスメーカーは全国展開しているような大手企業が多く、よく比較対象に挙がる地元の工務店に対して大手企業だからこその安心感があります。特に住宅という大きな財産を取り扱う以上は、その住宅を建築する業者の信頼性は非常に重要になります。無難に良い住宅を建ててくれる安心感、それは住宅建築において非常に大きなアドバンテージなのです。また、ハウスメーカーは営業から実際の工務に至るまできっちりとマニュアルが定められており、適当な部分がほとんどありません。すでにある程度出来上がっている状態で紹介されるために、プレゼンテーションもしっかりとした内容のものになります。建築後の住宅がイメージしやすいこと、これもハウスメーカーのメリットでしょう。

ハウスメーカーを選ぶデメリット

反面デメリットは、すでにある程度出来上がっているということは多少自由性が制限されます。そこまで奇抜なデザインにしない限りはハウスメーカーが提供する住宅像で満足できることも多いものの、自身でデザイン性を発揮したい場合は向いていない可能性があります。また、ハウスメーカー自体が直接工務に取り掛かるわけではありません。あくまで工務に取り掛かるのは地元の工務店などで、その仲介役として信用性をアピールするためにハウスメーカーは存在するのです。もしも注文住宅に対し多くの要望がある場合は、直接工務店に話を持って行った方が早い可能性はあります。信用性を高める代わりに多少費用が高くなりやすく、また家造りの深くまでは立ち入れないのがハウスメーカーです。